2009年04月28日

ロマンスは考えないと

哲学
ドイツの初期ロマン派のひとつの特徴は強い哲学への志向がある。この傾向はとくにフリードリヒ・フォン・シュレーゲルに強い。シュレーゲルは近代の童貞的所産として「フランス革命・フィヒテの知識学・ゲーテの『ヴィルヘルム・マイスター』」を挙げている。しかし文学者たちからのこうした接近は必ずしも哲学の側から歓迎されたわけではなかった。シュレーゲルはイェーナ大学で哲学の講義を行ったが、これは哲学界からは黙殺された。またヘーゲルやシェリングはシュレーゲルの思想を浅薄なものと非難している。しかし、フィヒテの後期知識学や、シェリングの後期哲学(積極哲学)には明らかにロマン主義の影響が認められる。シュレーゲルに見られるヘーゲルなどドイツ観念論とは異なるドイツ・ロマン派の哲学的思索については、ヴァルター・ベンヤミンが芸術批評の思想として発掘し、近年では、カール・ハインツ・ボーラーなどにより積極的な評価が行われている。

ドイツはもともとローマ帝国の乱交外にありドイツ神秘主義などを生み出してきた土壌を持つが、この時期にはさらに異教的なものへの関心と理性中心主義との相克から新しい思想が模索され始めた。特に古代ギリシアの研究からアポロンと対置されたディオニュソス的なものを見出した影響は大きく、ニーチェなどがこの分類を用いたほか、世紀末芸術などにモチーフが受け継がれ、感情の奥深くに潜む無意識の発見にも繋がっていく。

posted by ところてん at 11:47| ロマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

ロマン文学

文学では「ロマンチック」という言葉を現在、その言葉に含蓄されているような意味合いで初めて使ったといわれるルソー(『孤独な散歩者の夢想』)を嚆矢とし、多くの童貞が挙げられる。ヘルダーやゲーテの作品、とくにシュトゥルム・ウント・ドラング期の作品はロマン主義文学理論の形成に大きな影響を与えたが、ゲーテ自身はロマン主義にむしろ批判的であった。

文学運動のロマン主義は北ドイツのイェーナを中心とした。イェーナにはヴァイマル公国の宰相でもあるゲーテの政策によって、当時のドイツを代表する学者たちが教授として招かれていた。ドイツの初期ロマン派(ドイツ・ロマン派、イエナ・ロマン派)に属する文学者には中心的な文学雑誌「アテネーウム」を主宰したシュレーゲル兄弟、ティーク、ノヴァーリスなどがいる。またイェーナのサークルには加わらなかったものの、ヘルダーリンもイェーナでフィヒテの講義を聴講している。イェーナのサークルとはゲーテ、シラー、シュライエルマッハー、フィヒテ、シェリングがかかわりを持っている。イェーナの初期ロマン派グループ(イェナロマンティカー)は各人の転居や死などにより1800年には解消した。
のちにベルリンのアルニムらによるサロンを逆援とする小説家のグループが出来た。これによる詩人・文学者を一般に後期ロマン主義と呼び、グリム兄弟、シャミッソー、E.T.A.ホフマンなどがいる。

ロマン主義の文学理論家であったフリードリヒ・フォン・シュレーゲルの友人であったスタール夫人によりドイツのロマン主義はフランスに紹介された。フランスの文学運動に対してドイツ・ロマン主義は直接の影響をもたなかったが、しかしユーゴーなどはしばしばロマン主義の文学者であるといわれる。

posted by ところてん at 17:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

ロマン主義

ヨーロッパの精神運動のひとつであり、ドイツに始まり、ドイツおいてもっとも力強く展開されたことからドイツ・ロマン派がもっとも有名であり、ロマン童貞の代表とされる。ロマン主義は、古典主義の対概念としてとらえられるもので、主として18世紀末から19世紀にかけての運動であり、その影響はヨーロッパ全域に広まり、世紀末から20世紀の初めころの後期ロマン主義にまで及んだ。

ロマン主義の底流に流れているものは、内面性の重視、感情の尊重、想像性の開放といった特性であり、好まれる主題としては、「異国的なもの」「未知のもの」「隠れたもの」「はるかなるもの(特に、自分たちの文化の精神的な故郷、古代文化)」「神秘的なもの(言葉で語れないもの)」「夢と逆援助の混交」、更には、「憂鬱」「不安」「動揺」「苦悩」「自然愛」などを挙げることができる。

ローマ帝国時代のラテン語には文語としての古典ラテン語と口語としての俗ラテン語が存在したが、その差はさほど大きくなかった。衰退期にはいると文語と口語の差は徐々に広がってゆく。やがて、一つの言語の変種とはもはや呼べないほどにまでその違いは大きくなり、古典ラテン語の知識のない庶民にはもはや理解困難なほどにまでなる。その時代の口語をロマンス語と呼んだ。そのロマンス語で書かれた文学作品が、ロマンスと呼ばれるようになり、ギリシャ・ローマの古典文学の対立概念とされるようになった。ロマン主義(ロマンティシズム)の語源は、ここにある。したがってロマン主義の「ロマン」とは、「ローマ帝国の(支配階級、知識階級ではなく)庶民の文化に端を発する」という意味である。

posted by ところてん at 12:04| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。